野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

大阪桐蔭 西谷浩一監督 初回6失点のベンチでの「言葉学」

初回表に6点先制した、ある試合。

先発投手に「5点まではOK」と送り出した。
が、ワンアウトを取っただけでまさかの5失点KO。

ベンチに戻ってきた投手に西谷監督は
「誰がいっぺんに取られてええなんて言うたんや!」
ただその口調は、怒鳴ったり、突き放したりするのではない。

関西風に意訳するなら「なにしとんねん。しっかりせんかい!」といった調子。
そして選手たちにはこう言った。

「オレらの日頃の行ないが悪いんかなぁ。しゃあない、0対0からもう1回や!」

どんな状況下でも悲壮感は漂わせない。
いい意味での明るさと緩さで、選手たちの力を引き出させる。
このあたりは目立たないが、西谷監督の選手操縦法における大きな特長だ。

しかし、2回にあっさり逆転を許してしまう。
相手エースは初回とは見違えるようなボールを投げ始めた。
2回から5回までヒットはわずか1本と、完全に流れは相手に傾いていた。

ただ、西谷監督には確信があった。
気迫を前面に出して投げる相手エースの姿に
「これだと9回まで持たない」

そこで選手たちに得意のたとえ話を交えながら、こう言ったという。
「絶対に落ちてくる。だから今はボディやぞ、ボディ。

アッパーはいらんから、ひたすらボディや」

「今は引っ張られへんからしゃがめ。

耐えて、耐えて……そうすれば相手もバテてくる。
バテてきたら一気に引っ張るからな。

それまではベンチのみんなもしゃがんどいてくれ」

「流れが来るように、ボール回しでも走塁でも、普段やっていることをきっちりやってくれ。
下を向かずにやることやっていたら、必ず自分たちのペースになってくるから」

「まわしを取ったら絶対に離すな。それで最後にうっちゃるんや」




中盤になり、ある選手が「(相手投手の球威が)落ちてきました」と言った。
これには「打ってから言わんかい!」と返したそうだが、8回、ついにそのときが来た。

ヒット2本と相手のミスも絡み同点に追いつく。

「一気に行くぞ!」と代打のタイムリーで逆転。
9回にも追加点を挙げ、結局、11対8で乱戦を制した。