野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

PL学園 中村順司監督が、清原を1年生レギュラーに起用した意外な理由。

清原さんはなぜ1年でレギュラーを獲得できたのか。

 

「あの年(1983年)、上級生の身長はずいぶんと低くてね。

キャッチャー森上が170(cm)ぐらい、セカンド住田は165、6しかないし、ショート朝山が168、サード山中で170いくかいかないか。

そこでファーストにごっついやつがおったら、このちいちゃい選手たちを大きく見せられるかなと思ってね。」

 

「まあ、それだけじゃなくてね(笑)。

ちゃんと練習試合で仲田幸司くん(興南高⇒阪神)から二塁打を打ったし、守備も上手だった。

打てても守備がダメならレギュラーにはなれません。

 

「KK世代の頃が一番、指導者として苦しい時期だった。

 

「'83年の夏に優勝した時、桑田と清原が『これから甲子園全部勝ちます』とインタビューで言ったんです。

それが翌日の新聞に載ったので、あれからずっとプレッシャーがかかりましてね。

でもKKだけでは試合に勝てないことを、当時の上級生も同級生もきちんと分かってくれた。

部員一人一人がプレッシャーを受け止め、このチームのために何ができるかを、とことん突き詰めて考えてくれた。

だから、清原の代は素晴らしい成績を収めることができたんです。」