野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

ダル、マー君を育てた、佐藤義則投手コーチの投げ方理論

オーバースローの投手は、利き腕側の肩を下げるべきだと思う。

自分もそうやって投げていたんだけど、最近は肩を下げないフォームの子が入団してくる割合が高い。

体重移動というのは、腰からキャッチャー方向に向かい始めるのが望ましい。

うまく腰から動き始めることができると、右ピッチャーの場合、三塁側から見た時に、頭と腰と足を結ぶラインが“逆くの字”を形成するんだよね。

マウンドの傾斜のことを考えると、利き腕側の肩を下げたほうが、この“逆くの字”の形は絶対に作りやすい。

最近多い、肩を下げないピッチャーは腰から出ていく形がうまく作れないんだよね。

それは、軸足の股関節をうまく使えない、下半身にタメをつくりながら前に出ていけない、というところにつながる。

だから、頭がどうしても突っ込みやすいフォームになっちゃう。

頭が突っ込む若いピッチャーが多いのはそこが原因になってる気がする。

利き腕側の肩を下げることによって、グラブ側の手をよりうまく使うことができる効果もある。

利き腕側の肩が下がるということは、グラブ側の手が上がる形になるので、グラブを上から下に使って体をタテに回転させる動きがしやすくなる。

今のピッチャーは肩が平行になってる投手が多いから、グラブ側の手をうまく使えなくなってる選手も多い。

結局、なんでそうなるか、というところをひも解いていくと、『利き腕側の肩を下げないから』というところに原因があったりする。