野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

川相昌弘が知る、上手いバントへの道

ただ闇雲にバントをやるのではなく、どうやったら成功する可能性が高くなるかを知ることが大切です。

どちらかというか勢いを殺すよりも、方向性を決めるほうが得意だったんです。

もちろん、勢いを殺すのが得意な選手であれば、その中でピッチャーの正面だったり、危険なゾーンを避けてバントをすればいい。

まず自分の得意なバントのスタイルを知ることから始めてほしいと思います。

その中でこうすれば危ない、こうやれば成功率が高いという部分を見つける。

もし打球の勢いが強すぎて悪いバントになっても、ここに転がせば成功するというゾーンを知っているのと知らないのとでは大きな違いが出てきます。

そうすれば、狙い通りにバントをやるにはどうすればいいのかというテクニックの問題になる。

手順を追って意識付けと練習をしていれば、必ずバントは上手くなると思います。

バントが上手い選手はパッと構えただけで、その雰囲気があるんですよ。

ピッチャーや守備側から見ていると、それは見ただけでなんとなくわかるものです。

大事なのは、バントでも足元の力を抜かないこと。

意外とバントの時には力を抜いて、腕だけでポンとやってしまいがちですが、バッティングの時と同様に足に力を入れて踏ん張る。

むしろバントの時こそ力を入れて、勢いを吸収しないと、打球を飛ばさないようにすることは出来ません。

その形が決まってくると、だいたい自分が思う方向に転がすことが出来るようになります。

バットだけを引くのではなく、体全体でボールの勢いを受け止めるんです。

バットの先っぽで勢いを殺そうと思っていても、手先とバットだけでは、なかなか打球の勢いは弱くならない。

コンと強い打球がいきがちです。

だからバットの先っぽには当てつつ、体全体を使って一瞬、グッとボールの威力を吸収する動きが必要なんです。

足の位置は基本的にバッティングの時と一緒にしていました。

バントの時に足の位置が違えば、その時点でキャッチャーにバレてしまうんです。

常に同じ位置、スタンスで構えた上で、バントやバスターをやる。

変えてはいけないのは、足の位置だけではありません。

グリップの位置もそうです。

バントの時はバットを短く持っていて、バスターになった瞬間にやや長めに持つと、グリップエンドの余し方でキャッチャーや相手ベンチに作戦が分かってしまう。

僕が中日で1軍の内野守備走塁コーチをしていた時には、ベンチで高代延博コーチと一緒に相手バッターの足元やグリップエンドをしっかり見ていました。

体重移動にしても前に体重が乗っている時はバスターが出来ない。

ちょっとでも変化があれば、キャッチャーに警戒の指示を出していました。

右手と左手の距離は、離れ過ぎてもバランスが悪いし、近すぎてもバットのヘッドが動いてしまう。

体の前に手を出した肩幅くらいの距離がちょうど良いのではないでしょうか。

2番打者とかバントの機会が多い選手なら、当然8割5分から9割は成功すると思うのですが、ピッチャーやたまにしかバントをしないバッターをどうするか。

ここは最初に言った意識付けが大事ですね。

「チャンスで打席が巡ってきたらバントをやる」ときっちり意識させる。

「えっオレ、バント?」という気持ちでは絶対に成功しませんから。

そこを指導者は徹底しないといけないと思っています。