野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

宮本慎也の守備への「プロ意識」

まず送球について、投げることに関しては自信があった。

というものPL高校時代、先輩相手に打撃投手を務めた経験があるからだ。

先輩相手に変な球は投げられないという恐怖心が宮本の安定した送球に繋がったのだ。

とはいえ、しっかり送球するには捕り方がまずは重要であり、実際にどう足を運んで捕球するかを徹底的に練習した。

アマチュアの世界では逆シングルキャッチは嫌われ、回り込んででも正面で捕りなさいという指導をよく受ける。

しかし、逆シングルは必ずしも悪いものではない。

当たり前のことではあるが、一番重要なことは「アウトにできるかどうか。」だと考えるからだ。

正面に回り込んで捕ったため、セーフになる場合もあるので必ずしも正しいとは限らない。

そのため、逆シングルでもOKだと考える。


だが、出来るだけ逆シングルでは捕らない。

 

その理由は「投手への配慮」


難しい打球を簡単に取ることが真のファインプレーだと考えている。

回り込んで正面で捕れれば、投手は「打球に勢いがなかったのかな、自分の球が走っているぞ」と自信を持つので、あえて逆シングルで捕るようなことはしないという。

 

自分がミスをした場合については、「自分がミスしたことで誰かがクビになるかもしれない。」と考えるほどミスについて深く受け止める。

同志社大学時代に経験したエラーをプロ引退後も気に留めているのだ。

自らがエラーしたことで契約を切られる選手がいるかもしれないと考え、エラーをした時は真っ先にマウンドに行って投手に謝るようにしていた。

ファンとしては派手な守備は目を引く。

しかし「アウトにできるかどうか」という基本をなによりも大事にするから、派手さを追求せずに、たとえ泥臭くともアウトにしようという意識が強い。

絶対に取りにいくんだという粘りがなによりも大事。

アウトにしなければ意味がないので、片手だけで捕ったりとカッコつけたプレーは絶対にしてはいけない。