野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

坂本勇人、目指したショートになる為に。高校時代の練習法

守備において大事にしているポイントについて、送球は、捕球した体勢から、出来るだけ上から投げることを考えていますね。

捕球した体勢から目線を変えないように、送球の動作に入ることも意識しています。

捕球はグラブの捕球面をボールに早めに合わせるようにしています。

あと、判断するときに大切なのは、とにかく一球一球集中することですね。

ここ数年で一番自分が成長したと思う部分は、守備に対する意識ですね。

ボールの入り方、捕り方、投げ方、一つ一つを基本から見直し意識して練習に取り組んでいます。

基本を身につけるためには、まず、正しい捕球姿勢でボールを多く捕ることです。

捕球からスローイングは、足を使うことを意識して練習するといいと思います。

 

僕は今、ミズノのグラブを使っています。

グラブを選ぶ時には、柔らかすぎず硬すぎず、グラブをはめたフィット感を大事にしています。

あと、今は強い打球に負けないように、少しガッチリしたグラブを使用しています。

 

打って守れて走れるショートをイメージしています。

全ての面でレベルアップしたいですね。

 

高校時代は、松井稼頭央選手を目標にしていました。

練習は、とにかく“素振り”をやっていました。

打撃においても、とにかく基本が大切ですね。

一日一日、目標を設定してクリアしていくことが大切だと思います。

そうすると、クリアする喜びや難しさを感じられるので、ぜひ取り組んでみてほしいですね。

 

コンディション調整については、次の試合への大切な準備です。

僕の場合は、コンディション調整のために、ベッドにこだわりを持っています。

快適な睡眠がとれて、ストレスを感じないですね。

自分に合ったベッドやマットレスで起床時間を逆算して睡眠を取ることを心掛けています。

高校野球、今の仲間たちと一緒に野球ができるのは、たった3年間しかありません。

同じ目標へ向かって一生懸命練習し、悔いのない高校生活を送ってほしいですね。