野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

ソフトバンク柳田悠岐 「フルスイング」の極意

スイング自体は、プロに入ってもあまり変わってないような気がするんです。

ただ大学の時に、なんでもかんでも打ちにいっていましたが、プロはなんでもかんでも打ちにいったら打てない。

打てる球を打ちにいって、それ以外は振らないようにしています。

タイミングの取り方は、大学の時はすり足でバタバタとタイミングを取る感じだったんですが、ゆっくり自分の間を作ってタイミングを取るようになりました。

その技術を高める練習法の1つが、ロングティーであり、つまらせてすらせながら芯に持っていく。

方向は逆方向で、スイングの軌道は打席よりもより大きく。

タイミングをゆったり取ることと、大きく身体を使うことを意識しています。

小さくならないように大きくスイングもしています。

極端には意識はしていないが、芯よりも少しだけ根元側にして詰まらせた方が打球に角度が付くので、先よりはいいと思いますね。

ホームランを打ちたいと思って考えていたら、ふと思いついた。

いいバットの出方を出すには逆方向がいいので、形を作るためにやっています。

なので、シーズンに入っても調子が普通よりいいときは打球方向を意識することはありませんが、調子が悪いときには逆方向を意識するようにしています。

基本の形なので。

ミートする形は身体の前とか後ろとかは意識せず、強くたたく。

自分のタイミングで打てれば勝手に自分のいいポイントに入るので。

広島商の時は身体ができていなかったのでウエイトをいっぱいやりましたけど、身体ができてからは技術的な練習が主体になっている。

軸がブレるとダメなので、飛ばそう飛ばそうと思わず、まずは脚をしっかり使ってボールを捉える。

上体に頼るのではなく下半身の力を使ってボールを飛ばすことが大事だと思います。

自分もそうなった時に下半身を使っていったら、いい形になるので。