野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

守備理論

野村謙二郎氏が語る、セカンド・菊池涼介の誕生秘話

菊池涼介は大学時代、ショートを守っていました。 アマチュア時代にショートを守っていた選手がセカンドにコンバートされるケースの理由の1つに、チーム事情があります。 菊池のケースで言えば、ショートを守らせることも可能でしたし、その能力も十分。 と…

伝説の外野トリオ。森本稀哲が語る「外野の守備で試合に勝つ方法」

もともと内野手で、途中から外野手になったんですけど、新庄さんの守備はうまかったですね。 ただ、僕はそこまで肩が強いタイプではなかったので異なる部分の方が多いですが、でもやっぱりポジショニングとかは本当に勉強になりました。 外野と言ってもレフ…

野村克也×ルーキー中村奨成 捕手討論

野村「学校の成績は?」 中村「普通ぐらいです。」 野村「バカではないんだ。」 野村「キャッチャーというポジションは、頭のポジションだから。これからどんどん頭脳鍛えて。たくさん本を読みなさい。」 野村「夢はプロ野球選手だったの?」 中村「小学校で…

大和の守備力を育てた、「練習方法」と「金言」

高校時代から自分の一番の強みは守備だと思っていました。 試合終盤に守備固めで出場するところからスタートして、少しずつスタメンで出る割合が増えていった感じです。 打撃はそんなにたいしたことなかったので、守備力が平凡だったら1年生から試合に出る…

坂本勇人、目指したショートになる為に。高校時代の練習法

守備において大事にしているポイントについて、送球は、捕球した体勢から、出来るだけ上から投げることを考えていますね。 捕球した体勢から目線を変えないように、送球の動作に入ることも意識しています。 捕球はグラブの捕球面をボールに早めに合わせるよ…

井端弘和、内野守備の信念

宮本慎也と比べると投げることに関して自信がない。 しかし、それを補うために足を使って捕球し、その流れのままスムーズに送球することを常に意識している。 捕球のタイミングと、足の動きを合わせて良いリズムで送球に繋げれば、肩に自信がなくても良い球…

宮本慎也の守備への「プロ意識」

まず送球について、投げることに関しては自信があった。 というものPL高校時代、先輩相手に打撃投手を務めた経験があるからだ。 先輩相手に変な球は投げられないという恐怖心が宮本の安定した送球に繋がったのだ。 とはいえ、しっかり送球するには捕り方がま…

野村克也が、嶋を「正捕手」に指名した理由とは?

キャッチャーは「守りにおける監督の分身」であり、「野球というドラマの脚本家」でもある。 キャッチャーには、試合中、実は監督以上の仕事が求められています。 いかに有益な情報を事前に仕入れ、それをもとにサインを組み立てられるかが、勝敗を左右する…

元虎・矢野耀大が語る、古田敦也の「凄さ」

「古田さんのキャッチングは、手で捕っているというよりも下半身で捕っているように見えるんです。 右バッターのアウトサイドにボールが来るとする。 そうすると、古田さんの場合、上半身の体勢はそのままで、下半身だけがアウトサイドに寄っていくんです。 …

古田敦也のキャッチャー極術

「眼鏡をかけたキャッチャーは大成しない」 球界の迷信を見事に払拭した、古田敦也選手。 名捕手あるところに覇権あり。知将・野村克也の口グセである。 1990年代以降、最強のキャッチャーは誰か。 18年間の現役生活でリーグ優勝5回、日本一4回、MVP2回、…

野村克也が考える「捕手」とは

最近は力一杯投げて力一杯打つことが「力と力の勝負」であると、選手も監督も、ファンも信じて疑っていないように感じる。 そこにあるのは単なる打ち損じ、投げ損じの結果だ。 こんなただ投げて打って走ってというものは野球ではない。 野球には「間」がある…