野球 情報交換のページ

野球に関する情報交換のページです。

捕手理論

野村克也×ルーキー中村奨成 捕手討論

野村「学校の成績は?」 中村「普通ぐらいです。」 野村「バカではないんだ。」 野村「キャッチャーというポジションは、頭のポジションだから。これからどんどん頭脳鍛えて。たくさん本を読みなさい。」 野村「夢はプロ野球選手だったの?」 中村「小学校で…

野村克也が、嶋を「正捕手」に指名した理由とは?

キャッチャーは「守りにおける監督の分身」であり、「野球というドラマの脚本家」でもある。 キャッチャーには、試合中、実は監督以上の仕事が求められています。 いかに有益な情報を事前に仕入れ、それをもとにサインを組み立てられるかが、勝敗を左右する…

元虎・矢野耀大が語る、古田敦也の「凄さ」

「古田さんのキャッチングは、手で捕っているというよりも下半身で捕っているように見えるんです。 右バッターのアウトサイドにボールが来るとする。 そうすると、古田さんの場合、上半身の体勢はそのままで、下半身だけがアウトサイドに寄っていくんです。 …

古田敦也のキャッチャー極術

「眼鏡をかけたキャッチャーは大成しない」 球界の迷信を見事に払拭した、古田敦也選手。 名捕手あるところに覇権あり。知将・野村克也の口グセである。 1990年代以降、最強のキャッチャーは誰か。 18年間の現役生活でリーグ優勝5回、日本一4回、MVP2回、…

野村克也が考える「捕手」とは

最近は力一杯投げて力一杯打つことが「力と力の勝負」であると、選手も監督も、ファンも信じて疑っていないように感じる。 そこにあるのは単なる打ち損じ、投げ損じの結果だ。 こんなただ投げて打って走ってというものは野球ではない。 野球には「間」がある…